鷺梁津水産市場

ノリャンジン(鷺梁津)スサンシジャン(水産市場)というソウルの魚市場に行って来ました。

遊びに来ていた義姉がカナダ人にもかかわらず、魚は刺身で食べるのがいちばん!と断言するほどの刺身好きなので、新鮮な魚が手に入る場所へ観光ついでに行ってみました。

貝類の種類が多く、サザエだぁ~とひとりで騒いでいたのですが、カナダ人はさすがにサザエはみたことが無く、義姉も義兄も食べそうもない(ダンナは食べます)ので、仕方なく今回は見送りました(涙)

小さい蛸は生きたまま、つるりと食べるのが韓国風とか。
ちょっと無理かも~。

辛そうな物の数々。手前の明太子以外は何だかわかりません。

魚を買ってそのまま傍にあるレストランで調理してもらえるそうなのですが、ガイド兼通訳として一緒に行ってもらったコックさん曰く、観光客向けで値段が高い!そう言えば、中国人らしき一行や、日本人のカップルや、西洋人の家族連れの姿も見かけました。
持ち帰って家で食べることに決定。

選んだのはこの2種類。ヒラメと、、、小さいほうは何でしょう?
そのほかに赤貝のようで赤貝でない貝も買いました。
お店の人が、こっちとこっちは刺身用、と教えてくれます。

魚はどちらもまだ生きているのをその場で捌いてくれました。
生きているのにかわいそうにと思うよりも「美味しそう~」と思う気持ちが勝ってしまうなんて、、、でも美味しそう~!

“鷺梁津水産市場” への10件の返信

  1. やっぱり!魚は市場が新鮮で美味しいですもんねっ!
    それにしても、この貝の種類にビックリです。
    ホント・・・生きているのに・・・ともぞ~も思います。
    でも!美味しいになってしまいすよね(汗)

  2. >ともぞ~さん、
    日本では普通のスーパーでもそれなりに美味しそうな魚が買えますが、こちらは今一歩新鮮さに欠けるような気がして買うのをためらってしまいます。
    魚市場なら安心~。
    小樽ではもっと美味しそうな魚が買えるのでしょうね。
    ソウルにいる間に1回は行きたいです!

  3. 新鮮な魚介類が一杯、美味しそう、、、、
    築地が近い我が家ですが、最近は行かなくなりました。
    日本ではスーパーで新鮮な魚が買えるので幸せです。少し前から蛍烏賊の季節になっています。

  4. 写真ですと、尚更美味しそう~が先に立ちますね。
    私って、魚市場というところ、行ったことがないです・・・。
    目移りしちゃって、買い物が出来そうにないですよぉ~。

    メールさせて頂きましたぁ・・・。

  5. >姫さん、
    日本ではスーパーで用が足りてしまいますからね。
    蛍烏賊の季節ですか~。
    新緑を見るたびに「目に青葉…」を思い出し、かつおのお刺身が食べたくなってます。

  6. >小米花さん、
    魚市場、未体験ですか~。
    築地は1回は行ってみる価値があると思います。
    私、北海道の魚市場に行ってみたいです。
    うに、いくら大量買いが希望です(笑)

    メールにお返事しました~。

  7. 新鮮市場素敵~~~♪・・・見ているだけならば(^^;
    私、動かれちゃうとダメなの、可哀相~とかよりも恐怖がっ!(笑)
    前に韓国グルメ番組だったかな?市場で蛸をそのまま生で食べているのを見て、失神しそうになった記憶が蘇りました(^0^;
    日本で言う、白魚の踊り食いみたいな感じなんだろうけど(勿論、私は無理だけど)

    >メールさせて頂きましたぁ
    >メールにお返事しました~

    良いな良いなぁ(羨)気持ちだけご一緒させてください(笑)

  8. >みほさん、
    こたちゃんのダイエットお疲れ様~。

    魚が動くと恐怖?おやおや。
    それじゃあ、水族館は全然ダメ?
    韓国では本当に生きた蛸をそのまま食べるのですね。
    口の中でうにょうにょ動いているのを想像しただけでダメだわ~。
    日本で昔、えびを酔っ払わせる中華料理は食べた記憶がありますが、酔っ払ったえびは動いてないので大丈夫でした。

    みほさんはこたことちゃんを置いて旅が出来ないからねぇ。
    ソウルに来てと言っても無理そうだし。
    次回の里帰りの時には是非お付き合い下さいね~。

  9. 水産市場、ですか、 すごいですね。
    カナダ人は 魚を食べないし、人口が少ないから 市場なんて ありえませんね、残念ながら、 
    マーケット、市場好きの私には 興味ある(おいしそうな)風景。
    中国では 生きているものはすべて食につながる、というし、韓国も豊富なんですね。  生きている蛸、なんて と 思いますが でも
    人類の食生活は みな 習慣ですよね.生き残るための 場にあって 私はどこまで食べられるのかな、って思います。 食べたい、けれど目の前でぴちぴちされたくない、、娘とパートナーはベジタリアンですが 食べたかったら 自分で(始末して) 食べる、というモットー、
    蟹が沢山取れたとき 彼女は それを叩き割って 沢山食べたといっていますが、、 まあ しばらくは そんな場にであいたくない、というところです。

  10. >mosshavenさん、
    カナダには魚市場が無いのですか?!
    オタワには無いですが、海の近くの町ならばあるだろうと思っていました。
    食生活は習慣って本当にそうですね。
    寿司だって少し前までは生の魚を食べるなんて!と敬遠されていましたものね。
    こちらの人達はローストした蚕を食べます。
    道端でローストしながら売ってたりするのですが、すっごく臭いです。
    でも、韓国人に言わせればおいしいんだそうです。
    蟹、、、私も生きたのを叩き割れそうにもありません。

コメントは受け付けていません。