市場の食事

日本では金環日食を見られた方がたくさんいらっしゃったようですね。
こちらでは話題になっていませんでした。
日食が近々あることは知っていたものの、正確な日を覚えていませんでした。

当日の朝、
あれ?さっきまで晴れていたのに、曇ってきたわぁ~と思いながら朝ごはんの用意をしにキッチンへ。
今から思えば、あの時が日食だったに違いありません。
空を見ればよかった、と後悔しきりです。
でも、専用のメガネも持っていませんでしたけど。

さて、今日のお題です。

ソウルにはあちこちに市場があり、市場の一部は屋台のようなレストランになっています。
一度は食べてみたかったのです。

今回、初挑戦してきました。

どんな店があるのかとキョロキョロしながら歩きましたが、アメリカ人のベジタリアンの友人と一緒だったので、野菜ビビンバのお店に。

カウンターにずら~っと具材が並んでいます。

それをご飯の上に次々と乗せて、秘伝(?)の味噌と辛そうなソースを加えてできあがり。

味は、、、
う~ん。
2日前に普通のお店で食べた石焼ビビンバのほうが数段美味しかったです。
こういうところは味は2の次で、手軽にすばやく食べたい人向きなのかも。

“市場の食事” への2件の返信

  1. 屋台に行きましたか、、、衛生面に煩い貴女が、、と感心しました。屋台は味よりも安くて手軽に食べられる良さが有ります。でもその上に美味しければ大当たりです。今度挑戦しましょう。

  2. >姫さん、
    サウジで絞りたてのらくだのミルクを飲んだ身ですから、ソウルの屋台フードなんて軽いです~(笑)
    ちなみにこのビビンバは5000ウォン、日本円では350円ぐらいでした。
    屋台フードはお菓子類のほうが美味しいかもしれません。

コメントは受け付けていません。