6年振りのカナダの病院

大輔も姫も情けなさそうに尻尾を下げて、どうしたんでしょう?


病院に来ているのでした。
どうして一歩入った途端に病院だってわかるの?と思いますが、わんこの知性を甘くみてはいけないのです。
ふたりとも一歩入って、回れ右をして帰ろうとしたのですが、そうはいかず、無理矢理診察室に連れ込まれてしまいました。

大輔が帰ろうよ~と訴えていますが、そうはいきません。
6年ぶりにカナダのお医者さんに診てもらうのです。
予防接種のほかに血液検査もしてもらって、6年間の海外生活で身体に無理がきていないか、しっかりと確認してもらわねば。

こちらは血液検査後の姫です。
採血は保護者付き添いではなく、別室で密かに(?)行われます。


よっぽど嫌だったらしく、戻ってきてからハアハアいいながら待合室をうろうろ。
結局私の座っている椅子の下に落ち着きました。
そして、前足を私の足にくっつけてます。
手をつないでいるのではなく、足つなぎ。嬉しいのは私です♪


体重は大輔が13.9kg、姫が13.4kg。
血液検査の結果、フィラリアは陰性で、健康状態も良好だそうです。
しかも、あろうことか、大輔の心臓の薬も必要ないと言われました。
確かに心音に雑音は混じっているけれど、程度が1から10までだとしたら、2ぐらいなのだそうです。
何の症状も出ていないので、薬は飲まなくていいのだそうです。
パリの医者に薬を飲めといわれ、リヤドの医者には雑音はそれほどひどくないけど、パリの医者が薬を飲めと言ったなら飲んだらいいんじゃないでしょうかと言われ、ここへ来て飲まなくていいって、なんだそれは~という気がします。
今まで3年間飲み続けてきたのは何だったのか。
とりあえず、急に薬をやめるとよくないので、半錠づつ2週間飲んで、止めることにしました。

カナダでは狂犬病の注射も2年に1回で良いのだそうです。
お医者さん曰く、「へ~、フランスでも毎年注射をしていたんだね。こっちのほうが狂犬病が多いのにね(野生動物が多い為です。わんこの発症率が多いということではありません。念のため。)。政府のやることはわかんないね。」だそうです。
カナダって何事にものんびりした国なのかも。

待ち時間を入れて1時間の診察とフィラリアの薬を含めて9万円の出費後、大輔も姫も健康のお墨付きをいただいて、帰途に着いたのでした。

“6年振りのカナダの病院” への12件の返信

  1. 健康状態が良好でよかったですね(^^)
    お薬もいらないなんて、嬉しいですね♪
    同じ国内でも、市内でも、獣医さんによって、言うことはまちまちですから、
    国が違えば、尚更ですね(^^;)

    採血が密かに…って、ちょっとビックリ。
    そういうもんなんですね〜
    いつも採血のときは、押さえるのは私の役目です(笑)

  2. 健康診断良好で良かったですね。大ちゃんの心臓も大丈夫で、本当に今までの心配は何だったのでしょう?でも何よりでした。
    これで家が売れて、そして倉庫の荷物を早く、出す事が出来れば
    良いのにね。

  3. 二人とも健康で何よりでした!最近、ゆうが何やかやと調子悪いので、大ちゃん、姫ちゃんが健康だとわかって、我が子のことのように嬉しいです。6年もの海外生活もモノともせず、さすが柴です!
    次の赴任地でも元気で過ごせること間違いなしですね(^-^)/

  4. 不安げな顔が たまりませんね
    しっかりつかまって しかも じっとみつめて…
    そこがいんですね

  5. 大ちゃん、姫ちゃん、どちらも何事もなくて良かったですねー。
    カナダへ戻って、な~んか懐かしいっと、体が馴染んじゃった?
    2匹の表情が何とも不安げで可愛い!

  6. >Saoekoさん、
    日本でも獣医さんによって診断がまちまちですか?
    3人の獣医さんのうち、ふたりの意見が同じようなので、大輔には薬を飲ませないことにしました。
    パリの獣医さんが大げさすぎたのかな~と思います。。
    あっちこっちに連れまわしているので、ストレスで身体に支障が出ていたらどうしようと不安だったのですが、ふたりとも血液検査で異常がなくてホッとしました。

  7. >姫さん、
    獣医さんは大輔と姫が赤ちゃんの時から診てもらっていたお医者さんで、ちゃんと覚えていてくれました。
    大輔&姫のほうは病院から早く出たいの一心だったので、獣医さんを覚えていたのかどうかはわかりません。
    診ている柴の中でも大輔がいちばん年上だそうです。
    私達がいたころは柴はいなかったので、その後増えたのでしょうね。
    柴は難しい子が多いけど、この子達は良い子達だね~と言ってもらいました。

  8. >ゆうかあさん、
    柴ってもともと丈夫な犬種だと思うのです。
    人間がほとんど改良の手を加えていないので。
    その分性格も奔放ですが、そこがまた魅力なのですよね。
    ゆうちゃん、心配ですね。
    早くすっきりと良くなりますように。

  9. >Tさん、
    姫も家ではかなりワガママなんですけどね。
    こんな時だけママ頼りなの?と思いながらも、ウルウルの目で見つめられるとメロメロになってしまうのでした。

  10. >miiba-baさん、
    大輔&姫は段々とこちらの暮らしに慣れてきているようです。
    姫は散歩の後、裏庭に出たまま、ほとんどデッキの上で暮らしています。外が大好きわんです。
    大輔は家の中派なので、私と待ったり暮らしています。

  11. 今日は~。
    カナダの獣医さんに見て頂いて、シオンさんもほっとされているでしょうね。
    大ちゃんの心臓もよくなってて、嬉しいニュースです!!

    お家の件も早く片付くといいですね。

    あのぉ、お忙しい時ですが、イギリスのレポあげましたので見てください。
    すでに見てくださってたら、ゴメンナサイ。。。

    カナダの夏を楽しまれてね!

  12. >小米花さん、
    大輔の心臓は良くなっているというよりも、前からそれほどひどくなかったのではないかと思います。
    パリの獣医さんが大げさすぎた気がします。
    今度の赴任地の獣医さんの意見も聞いてみようと思ってます。
    イギリス旅行のレポ、お知らせありがとうございます。
    今日は事件がふたつもあったので、すっかりくたびれてます。
    明日じっくり見させていただきます!

コメントは受け付けていません。