マダイン・サレ

サウジで唯一の世界文化遺産、マダイン・サレ(Mada’in Saleh)の遺跡に行ってきました。
リヤドからメディナまで飛行機で1時間ちょっと、そしてバスで5時間、アル・ウラ(Al-Ula)という町に着きました。
遺跡はこの町のすぐ近くにあります。
今、飛行場を建設中なので、それが出来ればもっと簡単に行けるようになるはずです。

マダイン・サレには古代ナバテア人の墳墓が残されています。
「インディ・ジョーンズIII」の舞台になったヨルダンのペトラ遺跡、ここに住んでいたのがナバテア人という人達でした。
ナバテア人がはじめて歴史に登場するのは紀元前4世紀の初め頃だそうです。
元々は遊牧民だったのが、ペトラに定住し、高度な灌漑技術を持ち、通商で栄え、商業貴族を中心としたかなり民主的な社会を営んでいました。
マダイン・サレはペトラの後に作られた町で、やはり交易の要地として栄えたようです。
その後、海上貿易が盛んになるにつれて次第に衰退し、紀元100年頃にローマに征服されます。

そのナバテア人が残したのは、こんな墳墓です。
岩を削って作られています。
この辺りの岩は砂岩で、比較的柔らかいのです。

こちらは「ライオンの墓」と呼ばれている墳墓。
素朴なライオンの姿が、なんともユーモラスで可愛いのです。

後ほど詳しい旅レポをアップしたいと思っています。
とりあえず、帰ってきました~のお知らせまで。

“マダイン・サレ” への4件の返信

  1. 今晩は~。
    先日は凜へのお祝いメッセージをありがとうございました。
    お礼が遅くなり、申し訳ありません。

    3月中のバタバタが終わり、ネットに戻って参りました(笑)。
    4月1日、息子がドイツに旅立ちました。
    私の今年の秋の旅行先が決まりました(笑)。

    シオンさんも、お忙しい充実した毎日を過ごされてますね。
    私、サウジの歴史って全然知りません・・・。
    知ろうと考えたこともなかったし・・・。

    ローマに征服された時期があったってことは、
    ローマの足跡も残っているのでしょうか~。。。
    旅のレポを楽しみにしております!

  2. >Saoekoさん、
    ただいまぁ~。
    そう言われれば、敦煌に似てますね。
    こんな墳墓が100以上あるんです。
    なかなか見ごたえがありました。
    レポ、頑張ります~。

  3. >小米花さん、
    息子さん、ドイツへお引越しだったですか?
    ドイツのどちらで、何年ぐらい行かれているのでしょうか?
    秋はドイツ旅行ですね。いいなぁ~。

    サウジは国としては歴史は長くないのですが、中東全体で見た場合には、長~い歴史があります。
    ローマの遺跡はサウジには残念ながらありません。
    征服された後はどうしちゃったんでしょう。
    調べてみます~。

コメントは受け付けていません。