至福の時間

日曜、じゃなかった金曜(こちらの日曜です。相変わらず週末を土日と言ってしまいます)の午後、至福の時間。

、、、って大輔のではありません。私のです。

ソファーの半分に大輔が寝そべり、もう半分に私が寝そべって、お茶を飲みながら本を読んでました。
片足をソファーと大輔の背中の間に差し入れて、暖かい大輔の体温がじんわりと伝わってきます。
ああ、幸せ。

最近は週末になると砂嵐になるような気がします。
今日も例に漏れず、窓の外は砂色の世界です。
これから散歩に行かねばならないのですが、短時間で勘弁してもらえるかな~。

ね、大ちゃん。

“至福の時間” への2件の返信

  1. >姫さん、
    熟睡してましたが、時々前足がピクピクって動いてました。
    何か夢をみていたのかもしれません。
    幸せそうに寝ているのを見ていると幸せです~。

コメントは受け付けていません。